未分類」カテゴリーアーカイブ

投資競馬との付き合い方について

競馬はスポーツでありギャンブルです。そして競馬との付き合い方も人それぞれであり、競馬に対してサラブレッドへの愛情や騎手への思い入れ、過去の記憶などから馬券を購入する事は人それぞれの楽しみ方でありがちです。
しかしながら投資競馬に関しては、投資に対する回収だけが全てです。そして投資競馬に開催するのはあくまでも過去のデータベースのみとなります。
そもそもが競馬は競走馬のデータベースに基づいた血統や配合から究極のスピードを求めるために生まれたスポーツです。
それだけに、考えようによっては投資競馬でデータベースだけに基づいて馬券購入の解明を考える事は非常に理にかなったことなのです。
特に日本の競馬においてはその歴史も長くなりデータベースが非常にしっかりしています。
それも様々な側面のデータが長年蓄積されていることもあり、競馬場やコース、レース体系、もちろんサラブレッドの血筋なども考えると莫大な情報が蓄積されていると言っても過言ではないでしょう。
投資競馬を検討する際に一般の事業提供者から提供されるデータベースを活用することも考えられますが、競馬においては公式情報として日本中央競馬会が提供するJRA-VANがあります。
もちろん、これだけのデータベース提供を行うので新たなデータ蓄積や整理を行うために費用が発生します。利用者としては毎月の一定額を支払う必要が出てきますが投資競馬行うにあたっては最も信頼に足るデータベースだと言えるでしょう。
例えば、自分自身が投資競馬を行う中でスタンスを決めなければなりません。特定の思い入れだけではなくどのデータに着目するかをいくつか定めるのです。そしてそのデータを過去10年間や20年間洗い出した上で一切の思い出をなく回目を決めてしまう、そのためにデータベースが必要となってきます。
現在はパソコンでもスマートフォンでもこの情報が提供されていますので利用者は自分自身の用途に合わせて情報商材として活用することが可能です。
もちろん、JRAのインターネット投票とも結びついていますので新たにアプリケーションを立ち上げるまでもなくデータベースに基づいて馬券を購入することも可能です。このような取り組みで思い入れを排除したデータベースだけを重視した投資競馬が行うことができます。
ここで重要なのはあくまでも個人の思い入れを入れるのではなくデータベースに基づいた投資競馬に徹することができるかどうかです